日本語生徒 Rちゃん ①

南米出身の、Rちゃんのお話。

 





今年日本に来て、日本語は超初心者の状態から学習を始めました。

 


持ち前の明るさと勘の良さで、授業はリズムよく進みますし、飲み込みも早いです。

 

 

 

 

そんな彼女が、ある日の授業の冒頭、とてもかわいい質問をしてきました。

 

 

 

「『Vamos brincar』(遊ぼう)って日本語で何て言うの?」

 

 

 

学校で友達と遊びたいけど、誘う言葉が分からない。

だから、これまで、休み時間に友達を誘えなかった。

 

 

なんて愛しい!そして、なんて大事な質問でしょう!

 

 

小学生の彼女にとって、この言葉は、友達とつながる魔法の言葉に近いでしょう。

 

 

これまで、彼女にとって大事な大事なこの一言をなぜ教えてこなかったのか。

自分を叱りたいくらいでした。

 

 

 

 

「いっしょに あそぼう」

 

「おにごっこを しよう」

 

「かくれんぼを しよう」

 

 

その3文を、何度も何度も練習しました。

 

 

〝友達の肩を叩いて、友達が振り向いたら、

Bちゃん「いっしょに遊ぼう」

友達「いいね。何する?」

Bちゃん「おにごっこを しよう」

と会話する”

 

という設定の練習までしました。笑

 

 

 

 

その日の授業の最後に、

 

「明日、Rちゃんが友達と遊べるように祈っているね」

と言うと、

 

 

 

「私も・・・!」

 

と彼女は返しました。

彼女の気持ちがいっぱいつまった返事でした。

 

 

 

Rちゃんがこれから、休み時間に、友達といっぱい遊べますように・・・!